《生命保険・FP📔》自分に合った保険に入っていますか?見直ししていますか?

未分類
スポンサーリンク
《生命保険・FP📔》自分に合った保険に入っていますか?見直ししていますか?

生命保険とは

人間の生存または死亡による損失を保障することを目的とする保険。
生保(せいほ)と略称される。

生命保険のしくみ

現在の生命保険では、人間の生死にかかわる統計データ、すなわち生命表が用いられるのが常である。すなわち、生命表による加入者の生死の予測に基づいて、適切な保険料が設定される。ただし、死亡統計は過去から現在までのデータのみが使用されるのに対し、実際の生死は将来発生することであるから、当然予測に誤差が発生し得る。そのようなときに保険料収入が不足する事態になってはいけないので、保険料計算に用いる死亡率にはあらかじめ安全が見込まれている。このときの死亡率を予定死亡率と呼び、保険料計算の重要なパラメータのひとつである。(Wikipediaより) 

生命保険の基本形態

生命保険商品には複雑なものもあるが、いずれも死亡保険、
生存保険、生死混合保険の変形または混合形態である。

死亡保険

死亡保険は被保険者が死亡したときに保険金が支払われる保険。純粋な死亡保険の代表例が定期保険である。定期保険は満期保険金が無いので、満期時までに全ての保険料収入を死亡保険金として支払う設計になっている。そのため、責任準備金は満期時にはゼロとなり、保険期間を通じても一般にそれほど多くはならない。(Wikipediaより)

生存保険

生存保険は被保険者が一定期間経過した時に生存しているときに限って保険金が支払われる保険。終身年金はある種の生存保険である。終身年金はある種の生存保険である。(Wikipediaより)

生死混合保険

生死混合保険は死亡保険と生存保険を組み合わせた形態の保険。養老保険は上記死亡保険と生存保険を1対1でブレンドしたもので、保険期間中に死亡したときと満期時に生存しているときに同額の保険金が支払われる。また、終身保険は養老保険の保険期間を生命表の生存者が0になった時点に伸ばしたものである。その時点は会社によって異なっており概ね105歳付近が理論上の満期となっている。(Wikipediaより)

 

 

FPとは

顧客である個人から、収支・負債・家族構成・資産状況などのソース提供を受け、それを基に住居・教育・老後など将来のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行う職業・職種、およびその職に就く者。略してFP(エフピー)とも呼ばれる。(Wikipediaより) 

 

 

⇩ 保険のこと、見直しならプロへ相談 ⇩

プロを検索

【保険チョイス】

ファイナンシャルプランナーが考えた、消費者と
2000人の保険担当者をマッチングする無料相談、
無料マッチングサービス。

保険提案の担当者の所属する保険代理店が複数
あるので、保険相談のセカンドオピニオン
しても利用できます。

公式サイトはこちらから

【保険のトータルプロフェッショナル】

家計診断、保険の見直しや長期の貯蓄計画、
住宅購入や住宅ローンアドバイス、節税
アドバイスなどを手掛けるマネーの
プロフェッショナル。

公式サイトはこちら

【ライフプランの窓口】

有料でFP相談サービスを提供していた
ファイナンシャルプランナーが、無料で相談
したいという希望に応えるために作った、
ファイナンシャルプランナーによる
無料ライフプラン相談です。

相談内容を、結婚、出産、マイホーム購入、
老後資金計算に限定することで、たくさんの
FPが対応しても、サービスを安定して提供
することが、できるようになりました。